IMG_4387

 

40代からの魅惑ボディプランナーの

坂村純子です。

 

毎日、本当に寒さが身に沁みますね

 

こう寒いと体が縮こまってしまって

動きも悪くなりカチカチ・・・?

 

下がるのは気温だけでなく

体温も下がります。

 

そうすると代謝もおちて

体に脂肪が蓄積しやすくなるので

 

体は適度に動かしていきたいですね

 

ところで・・・

 

お客様から

「ピラティスをやってみたいのだけど

体が硬くてもできますか?」

 

という質問をよくいただきます。

 

答えはもちろんYes!

なのですが

そもそも身体が硬いって

どういうことだと思いますか?

 

体が動くというのは

関節の可動と筋肉の収縮によるものなのです。

 

つまり

「関節の可動域が広いか狭いか」が

「体の硬い柔らかい」の違いになるのです。

 

そして

その関節の可動域を左右させているのが

筋肉の柔軟性なのです。

 

柔軟性といっても

柔らかいということよりも

収縮と伸長を機能的に行えて弾力性がある

状態のことです。

 

この筋肉の柔軟性が欠けて

関節の可動域が狭くなって

しまっていることが

「体が硬い」ということになります。

 

私の体作りのメソッドなるピラティスは

筋肉強化とストレッチを同時に

行うことができます。

 

例えば以下の写真のようなエクササイズ。

腹筋群の強化も行いながら、

同時に

股関節から両脚を動かしたり

動かした脚を伸ばしたりする動き。

 

s-06-e1461631643838

 

動かすべき関節で動かしていくことで

股関節の可動域が広がり、結果、

筋肉の柔軟性が高まることに繋がります。

 

まさに動くストレッチですね。

 

なので、体が硬い人にこそ

是非始めていただきたい

エクササイズです!!

 

また、私のレッスンでは

ピラティスのエクササイズを

開始する前に

ボディスタイリングメソッドに

まずは、硬くなった関節、筋肉をほぐして

いきますので

さらに、可動域が広くなり

身体が動かしやすくなることが

可能です。

 

適度に身体を動かすことは

大切ですが

 

動くべきところが

しっかり動かせるようになった

状態にしてから・・・

体に無理なく動かしていきたいですよね

 

あなたもピラティスで

まずは関節、筋肉ともに

柔軟性を高めてしっかり

代謝もあげていきましょう!

 

bottum

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎
8日間の無料メール講座
【上向きヒップとくびれであなたの身体を
10歳若返らせる魅惑ボディ8つの法則】
ご登録はこちらまで

https://www.agentmail.jp/form/pg/8027/2/